マイグレーション

Cloudflareマイグレーションサービス

現在、他社のCDNをご利用ですか?
運用中のCDNを切り替えるスイッチングコストを考えると、CDNを乗り換えるのは気が引けるかもしれません。
Spelldataでは、新規導入だけではなく、他社のCDNからCloudflareへのマイグレーションを円滑に行うサービスをご提供しております。

Cloudflareへの移行を決められたあなたのプロジェクトを確実に成功へ導きます。

費用と期間

費用と期間は、移行されるドメイン数と複雑度によって決まります。
1つか2つのドメインで単純なものであれば、数日で終わります。
50~1000ドメインの場合は、CloudflareのAPIを利用したスクリプトを組んで1~3か月ぐらいで対応します。

1ドメインあたり、30~50万円ぐらいです。
大規模なリダイレクトがあったり、ESI(Edge Side Include)をご利用だったり、Geo Targetingに基づいた動的な処理が入っていたりと、複雑だったりコーディングが必要なサイトの場合は、1ドメインあたり150万円~で承ります。
1000ぐらいのドメインを移行する場合には、一括登録スクリプトで対応できない箇所がどれくらいドメイン毎にあるかによりますが、数千万円程度になります。

Cloudflareマイグレーションサービスの流れ

1. 既存のCDNの設定、現在の利用方法の確認

現在、ご利用中のCDNの設定を確認させて頂き、Cloudflareの設定にマッピングします。
また、現在、CDNをご利用のシステムについても情報を頂き、よりCDNを効率的に且つ最大限に性能とメリットを引き出すために、設定の変更やチューニングをご提案します。
マイグレーションの項目について、お客様の承認を得て、実装に入ります。

2. 移行前Webパフォーマンス計測

既存のCDNから、Cloudflareへ移行するに際して、どの位の性能向上に繋がったのか、Before/Afterのデータが必要ではありませんか?
Spelldataでは、世界のCDN企業を始めとして、欧米企業が採用しているCatchpointの代理店です。
国内5都市35のネットワーク、海外757のネットワークで計測が可能です。

移行前の表示速度を2週間~1か月計測し、移行後の表示速度の計測データとの比較を作成して、統計分析を行いレポートを作成します。
また、事前の計測によって、CDNの乗り換えでは高速化の効果が見込めない箇所についても明らかにします。
このデータによって、CDNの切替を主導されるあなたが、経営層に対して、何が約束できて、何が約束できないのかを明確にすることが出来ます。

3. 移行作業

Cloudflare上で、既存のCDNでの利用方法をマッピングしなおして、テストを行います。
様々なCDNに携わってきたSpelldataだから、複雑な設定をされていても読み解いて、適切にその設定をCloudflareの機能を使って実装します。
テストが終わって問題が無ければ、DNSの切替で移行が終了します。

土日、夜中のDNSの切替でも対応が可能です。

4. 移行後Webパフォーマンス計測

移行後のWebパフォーマンス計測を行い、国内各都市や海外における表示に問題が無い事を確認。
それができるのも、札幌、新潟、東京、大阪、福岡の国内5都市で、NTTやKDDI、携帯4社の計測ができるSpelldataならではのサービス。
確実に移行できたエビデンスをご提示します。

5. Before/Afterレポート

移行前と移行後のWebパフォーマンス計測データの分析を行い、どの位、性能が改善されたのかレポートを作成して提出します。
フィッシャー三原則に則った計測により得られた十分な標本の大きさのデータを分析することで、信頼性が高い評価レポートになります。
Cloudflareへ移行を決められたあなたの決断と実行が、会社への貢献となったことを数値で明確にできます。

お問い合わせフォーム

本サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ サービス、製品に関するお問い合わせ