Request for Proposals

Spelldataへのご提案

Spelldataにご興味を持って頂き、ありがとうございます。
多くの企業の方が、弊社に対して営業のご提案をされますが、弊社が必要としていないものを提案されるケースが多いです。
お互いに貴重な時間を無駄にしないために、弊社が必要としているもの、必要としていないものについて明記したので、こちらをご覧になってからご連絡下さい。

Spelldataが絶対に契約しないもの

弊社が必要としていないものについてご提案を頂いた場合には、お返事いたしません。

改正民法債権法に未対応の契約

「契約目的の達成」の保証が無いものについては、一切契約しません。
2020年4月1日より、改正民法債権法が施行となり、商品やサービスが納入されたかどうかではなく、その商品やサービスを使って達成したい「契約の目的」を達成したかどうかが契約履行の判断基準と変わりました。
弊社自身、お客様に対して、「契約目的の達成」を保証して契約しております。

御社の契約書が、改正民法債権法に未対応であるならば、弊社は契約しませんので、ご連絡はご遠慮下さい。

エンジニアの派遣、アウトソーシングのご提案

弊社の事業は、技術的に専門性が高く、難易度も高いために、一般的なエンジニアには出来ないです。
リバースエンジニアリングという、開発とは異なるスキルです。

また、弊社は技術の会社ですから、技術者は弊社にとって大事なチームメンバーです。
パフォーマンスエンジニアの育成には、10年以上掛かります。
エンジニアの派遣は教育コストの方が高くつきますし、アウトソーシングは弊社の対象領域の専門性が高いために無理です。

御社のご提案がエンジニアの派遣や、アウトソーシングの場合は、ご連絡はご遠慮ください。

受託開発のご提案

弊社は、「まずは自分たちでやってみて知見を得よう」という文化の企業です。
自分たちで開発をしなければ、開発に対する知見が溜まりません。
自社で使うツール類については、自分たちで開発しているので、アウトソーシングするつもりは一切ございません。

また、弊社はパフォーマンスエンジニアリングの事業であり、受託開発の企業ではないので、アウトソーシングするような開発案件もございません。

御社のご提案が受託開発の場合は、ご連絡はご遠慮ください。

資金調達コンサルティングのご提案

弊社は、資金については顧問税理士の先生にご相談しており、銀行から融資を受けております。
資金調達で困っていないです。

御社のご提案が資金調達コンサルティングの場合は、ご連絡はご遠慮ください。

投資用不動産販売、証券販売のご提案

投資用不動産、株式や債券には一切興味がございません。
資金に余裕があるなら、お客様にお役立ちできる事=社員の教育、福利厚生、社員への利益還元に使います。
社員の力が会社の力であり、会社の力を高める事が最も確実なリターンを得られる投資だからです。

御社のご提案が投資用不動産販売や証券販売の場合は、ご連絡はご遠慮ください。

現在Spelldataが必要としているもの

福岡、札幌、仙台、金沢、名古屋のISPマーケットシェア調査

Spelldataでは、福岡、札幌、仙台、金沢、名古屋のISPのマーケットシェアのデータをお持ちの会社、もしくは調査をして頂ける会社を探しております。
発注の基準は、以下の通りです。

ご提案入力フォーム

弊社へのご提案は、以下のフォームに入力してご連絡下さい。
また、会うかどうか決めてもいないのに、「以下の日程なら空いています」と書いて送らないで下さい。
そういう行為をする企業は身勝手な企業文化だと思っているので、取引しません。