情報品質の検査

コンテンツ品質改善サービス

お客様が満足する情報の価値

コンテンツ品質改善サービスとは

コンテンツ品質改善サービスとは、コンテンツの情報価値・情報品質・情報構造化の質を高めて、普遍的なコンテンツの価値の向上を目指すサービスです。
SEO(Search Engine Optimization: 検索エンジン最適化)のような検索順位決定のアルゴリズムを追いかけて、検索順位の向上を目指すものではありません。
情報に関する基礎理論に基づいて、本質的なコンテンツの質を改善します。

その結果として、マシンリーダビリティ(機械可読性)を向上し、そして検索エンジンにコンテンツを「正しく」評価してもらい、その結果として検索結果に適切に反映されることを狙います。
また、人にとっても価値が高く、読みやすく、情報が正しく伝わることを狙います。

クロード・エルウッド・シャノン博士

情報理論とは

情報理論とは、クロード・シャノンが1949年に発表した情報についての数学的理論です。
その多くは、通信技術の基礎理論として利用されています。
情報理論は、情報の価値を定量的に測ることができることも明らかにしています。

データに基づいた情報

情報品質とは

情報品質とは、情報の定性的な評価指標です。
2004年に国際情報品質学会が創設され、暫定で10の指標が定められています。
Googleも学会に参加して研究を重ねていて、その成果がコンテンツの品質評価に取り入れられています。

ターゲットとするペルソナ

コンテンツ品質改善サービス手順

情報の価値は、相手の知っている情報と、こちらの持っている情報との差の大きさに左右されます。
その差は、確率分布に基いて計算されます。
このコンサルティングは、自分たちが知っていて、相手が知らない事を明確にし、「己を知り相手を知る」ところから始まります。

お問い合わせフォーム

本サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ サービス、製品に関するお問い合わせ