時間の流れを砂時計で測る

2019年のブログ

ソフトウェア、コンピューターシステム等を巡る紛争解決とADR

2019年12月24日

弁護士 中島成 先生

2020年4月1日の改正民法債権法施行まで、残り3か月となりました。
品質、システムにおいては特に非機能要求である性能については、機能要求と異なり揉めやすい項目です。
機能要求は、できる・できないがはっきりしているのに対して、性能などの非機能要求は予め数値目標などをしっかり定めなければ白黒をはっきりさせられないからです。

システムが社会の隅々までインフラとして、日常のツールとして浸透していく現在、システムを巡る潜在的なトラブルは増加しており、改正民法債権法で一気に顕在化されると思われます。
その全てを裁判で解決するのは、費用や時間、労力の面で非効率的であり、また、裁判は人間関係を悪化させ、顧客とベンダーの関係を壊してしまいます。
また、システムを巡るトラブルは、内容が複雑であるため、本当に内容を裁判官に正しく理解してもらえるかどうかの不安があります。

そこで、現在、法務省や経産省などが進めているのが、ADR(裁判外紛争解決手続き)です。
ADRとはどのようなものであるのか、弊社顧問弁護士の中島成総合法律事務所 代表の中島先生に解説して頂きました。


decoding="async" VS loading="lazy"

2019年12月19日

大量の画像の読込

Webページにおいて、画像は重要な役割を果たしており、高解像度化と利用される枚数は増えていく傾向にあります。
その一方で、画像は、従来どおりの実装をしていると、HTMLのパース処理を遅延させる要因となります。
画像をいかに遅延要因としないようにするかの処理として、decoding="async"とloading="lazy"の詳細と、その違いを解説します。


デジタルトランスフォーメーションとは

2019年11月12日

デジタルトランスフォーメーションの指針

デジタルトランスフォーメーションとは、現実世界のオブジェクトがシステムやネットワークのパーツとなって組み込まれて、1対1で対応して紐づけられたデジタル世界へ移行する事です。


意匠法改正によるWebデザインの保護

2019年5月16日

弁理士 渡部 仁 先生

今回は、Spelldataの顧問弁理士で、将星国際特許事務所の所長である渡部 仁先生に、2019年3月1日に閣議決定され、来年4月に施行と目されている「特許法等の一部を改正する法律案」で改正される意匠法によって、Webデザインの保護がどのように変わるのか、専門家の立場から解説の記事を書いて頂きました。


SEOで重要なクローリングのためのWebパフォーマンス

2019年4月17日

インデックス

多くの人々が、ユーザがGoogleの検索した時に、自社サイトのページがどれくらいの順位で表示されるのかを気にしています。
そのために、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)に取り組んでいます。
検索順位のランキングで優位に立つために、Webパフォーマンス(表示速度)に取り組む人々も増えてきました。

しかし、多くの人々は、SEO以前の問題として、Webパフォーマンス(表示速度)の中でも、HTMLのレスポンス時間が遅いとクローリングされない問題を認識していません。
まずは、HTMLを100msぐらいで送出できなければいけないのです。
今回は、SEOの施策としてのWebパフォーマンス(表示速度)対策より、検索エンジンにインデクシングされるためのWebパフォーマンス(表示速度)対策が如何に重要であるかを解説します。


AMP(Accelerated Mobile Pages)の表示速度を検証する

2019年3月25日

モバイルWeb体験の検証

Googleが推奨しているAMP (Accelerated Mobile Pages)をWebパフォーマンス(表示速度)の高速化として採用している方も多いでしょう。
実際に、AMPはどのくらいの表示速度なのでしょうか?
AMPのページを計測して、分析してみました。


異端者として

2019年1月1日

良き海外の技術書を読む

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

2019年の元日を迎えて、今年一年の抱負と共に、今考えている事を綴ってみます。