株式会社Spelldata

〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目7番2号
東京サンケイビル27階
Tel: 03-3242-3150
Fax: 050-3488-8836
営業時間: 土日・祝日を除く 9:00〜17:30

診察に基づく治療

PageSpeed Insightsに従っても高速にはならない

2016年10月31日
著者: 竹洞 陽一郎

日本だけ盛り上がるGoogle PageSpeed Insights

Webページの表示速度の高速化のために何をすべきかをチェックできる診断ツールとして、日本ではGoogleのPageSpeed Insightsがよく話題になります。

Googleで、言語を英語にして「PageSpeed Insights」と入力して検索しても、殆どビジネスで利用している人達のブログが表示されない事を不思議に思いませんか?
実は、海外の企業のWebマスターや、インフラのエンジニア、フロントエンドエンジニアは、PageSpeed Insightsを使いません。
(本業でパフォーマンスエンジニアをやっていない人達は使っていますが…)
Linkedinに、Webパフォーマンスのグループがありますが、そちらの掲示板や掲載資料は、計測データに基づいた改善が主な話題です。

そもそもPageSpeed Insightsとは何か?

GoogleのPageSpeed Insightsは、そもそもどのような原理で診断するのでしょうか?

診断ツールの生みの親、スティーブ・サウダーズ氏

PageSpeed Insightsを作り上げたのは、オライリーの「ハイパフォーマンスWebサイト」「続ハイパフォーマンスWebサイト」の著者として有名なスティーブ・サウダーズ氏です。
彼は、Yahoo!のパフォーマンスエンジニアとして2000年〜2007年まで7年間在籍し、その間のパフォーマンス改善のベストプラクティスを書籍に纏めたものが上記の本です。

ハイパフォーマンスWebサイト
続・ハイパフォーマンスWebサイト

そのベストプラクティスに基づいた診断ツールとして、最初に世に出たのはYSlowです。

YSlow

その後、スティーブ・サウダーズ氏は、Googleへと移ります。
2008年1月から2014年3月まで、Googleのヘッドパフォーマンスエンジニアとして在籍し、YSlowと同様のベストプラクティスベースの診断ツールを作り上げます。
それが、2010年に発表されたPageSpeed Insightsなのです。

ちなみに、スティーブ・サウダーズ氏は、この間に、オライリーのCEOであるティム・オライリーと直談判して、Webパフォーマンスと運用のカンファレンス「Velocity」のスポンサー支援を受けます。
(現在は、「DevOpsとWebパフォーマンス」と副題が変わっています。)

その後、スティーブ・サウダーズ氏は、2014年3月から2015年5月までの1年、第2世代CDNのFastlyでチーフパフォマンスオフィサーとして仕事をし、2015年5月からWebパフォーマンス計測会社SpeedCurveを立ち上げています。

ベストプラクティスベースの診断では、何が問題なのか?

ベストプラクティスベースの診断の何が問題なのか?
それは、実際の問題の原因を調べていない点にあります。
例えて云うならば、「咳や鼻水が酷く、風邪を引いていると思われる場合は、暖かくして、ビタミンCをたっぷり摂りましょう。」と言ってるのと変わらないという事です。

暖かくして過ごす事も、ビタミンCを摂る事も、健康に良いのは確かでしょうけど、それで咳や鼻水が止まって快復するかどうかは、保証されません。

ベストプラクティスとは?

PageSpeed Insightsのベストプラクティスとは、表示速度の遅延要因の共通項に対して、共通の解決策を集めたものです。

ベストプラクティス

その診断ルールは、「PageSpeed Insightsのルール」というページに記載してあります。

速度に関するルール

操作性に関するルール

何故、ベストプラクティスではダメなのか?

何故、このベストプラクティスではダメかというと、上述したとおり、実際の問題の原因を調べていないからです。
「あの人はあれで治ったから」と当てずっぽうで病気を治療するようなものです。
問題の事象は共通であっても、その背景にある原因が異なれば、解決策は異なります。

原因が異なると解決策は異なる

例えば、画像に関するルールとしては、「圧縮を有効にする」と「画像を最適化する」というものがあります。
しかし、それで高速化に至ることは殆どありません。

画像配信の高速化には、画像を圧縮配信すること、最適化して配信する事は確かに役立ちます。
しかし、画像配信の遅延の根本的な理由は、ハードウェアやサーバ設計、インフラ設計に起因しているのです。
サーバやインフラ設計を確認して、ディスクのアクセス状況などを確認して、真の原因を見つけ出さなければ、完治できないのです。

私が過去に改善してきた事例では、画像の遅延の要因は、以下の事例があります。

一見、風邪の症状に見える、咳や鼻水も、原因が異なれば、治療方法が変わります。
そして、万が一、重い病気であったならば、死に至る可能性もあるわけです。

ビジネスの場合は、売上に影響が及びます。
具体的には名前を出しませんが、表示速度をきちんと計測して管理する事を軽視して、赤字転落したり、売上が下がり続けているオンラインショッピングサイトは日本では相当数あります。

機会損失の撲滅の重要性

Webページの表示速度の遅延は、機会損失です。
セブン−イレブンの鈴木元会長が「商売の創造」という著書で以下のように書いています。

いまは、お客様は自分がほしい単品を目当てに買い物をするようになっています。
お目当ての商品が品切れを起こしていれば、他のものはなにも買わずに帰ってしまいます。
お客様のニーズに合わないものは代替品としても売れないから、当然、値下げロスや廃棄ロスが増えます。

これと同様に、お客様は、今見たいページがあるからWebサイトに来ているわけで、お目当てのページが表示されなければ、そのまま去って、別のサイトに行ってしまうのです。
つまり、遅いサイトは、お客様のニーズに合わず、遅いサイトには二度とこない確率が50%近くあるため、そのサイトやページに投じた費用の「廃棄ロス」が大きくなるのです。

実際に計測する事の重要性

「いやぁ、そうは言ったって、GoogleがPageSpeed Insightsを勧めているし、海外でも使われてるでしょう」と思われる方もいるでしょう。
Velocityでも、WebPerf Meet upでも、海外のWebパフォーマンスコミュニティなど、海外のパフォーマンスエンジニアが集まる場所に行って、PageSpeed Insightsについて訊いてみると良いです。
そうすれば、日本だけが異常な状態なのだと気づけます。

GoogleのPageSpeed Insightsは、確かに2010年に登場したときは、それなりに話題になりました。
しかし、欧米では、Webサイトの表示速度を計測するのが当たり前なので、パフォーマンスエンジニアは参考程度に見ていた程度で、その後下火になりました。
もうアメリカやヨーロッパでは、ベストプラクティスベースの改善は「終わった話」なのです。

「ハイパフォーマンスWebサイト」を読むと、あの14のルールそのものも、IBM Page Detailerや、Gomez (現Dynatrace)の計測サービスを使って検証したと書いてあります。
そして、何より、スティーブ・サウダーズ氏自身は、もうベストプラクティスを使っていません。
自分でWebパフォーマンス計測の会社を立ち上げました。

これには裏話があって、私がKeynote Systems(現Dynatrace)在職中の2013年に、スティーブ・サウダーズ氏が、VelocityのKeynoteのブースに来ました。
私の上司と話をして、様々な計測データを見せてもらって、サードパーティコンテンツの遅延に驚き、定常計測の重要に気づきました。
それが、彼がWebパフォーマンスの定常計測の会社を立ち上げるきっかけになったと思います。

私達は、Webの配信品質管理について、欧米レベルに早く追いつく必要があると思います。
その最初の一歩は、欧米の企業がやっているように、品質管理の基礎、きちんと計測して実際の表示速度に関する数値を得る事です。

[前のページに戻る]