株式会社Spelldata

〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目7番2号
東京サンケイビル27階
Tel: 03-3242-3150
Fax: 050-3488-8836
営業時間: 土日・祝日を除く 9:00〜17:30

情報構造化の検査

Webページの情報構造化を調べてみよう!

2016年6月20日
著者: 竹洞 陽一郎

情報構造化とは?

情報構造化とは、Webページに情報(コンテンツ)を記載する時に、機械に正しく理解してもらうため、適切な文書の意味付けをしてHTMLでコーディングする事を指します。

皆さんが、Webページを読んで、「ちゃんと読めるし、内容も分かる」と思っても、それが機械にとって「読める(リーダブル)」かどうかは、話が別です。
もしも、人に対する「見た目」を重視して、文章を画像にしてしまったら、機械には読めません。
Googleのような検索エンジンの「機械」にWebページが読めないと、機械は書いてある内容を理解できず、結果として、検索結果に表示されないページとなってしまいます。

マシンリーダブル(機械が読める)でなければ、結果として、ヒューマンファインダブル(人に見つけてもらえる)ではないWebページとなってしまうという事なのです。

ステップ0. Firefoxをダウンロードしてインストールする

もし、WebブラウザのFirefoxをお持ちでなければ、まずは、Firefoxをダウンロードしてインストールして下さい。

Mozilla JapanのWebサイト

ステップ1. FirefoxにWeb Developerをインストールする

次に、Firefoxにアドオンと呼ばれる追加機能を付与できるプログラムをインストールします。
そのアドオンの一つ、「Web Developer」をインストールします。

もし、この動画のように検索しても、上手く見つけられなかった方は、こちらのリンクをクリックしても、ダウンロード・インストールが出来ます。

ステップ2. Web Developerで文章と文章構造をチェックする

人は見た目で物事を判断してしまいますが、機械は見た目で情報を判断しません。
機械は、文章を解析します。
ですから、画像を非表示にしてみて、文章として、どんな情報が残るのかを確認することが重要です。

また、文章の構造を、見出しを見ることで確認することが出来ます。
優れた文章は、適切な見出しが設定されています。
見出しは、人も、機械も、文章を理解する上で、大事なガイド役を果たします。

ステップ3. W3C UnicornでHTML文法チェック

機械は、単語や熟語は容易に理解することが可能ですが、文書を解釈するのは苦手です。
特に、日本語は、英語のようなスペースで単語が区切られる言語ではないので、余計に難しいのです。

Webサイトを作る際に使う、HTMLという言語は、構造化言語と言って、文書の題名、見出し、段落、表、引用文、画像や図表の意味を定義するものです。
その定義を読み込んで、Webブラウザは、文書を解釈して表示してくれます。
それは、単にWebページの表示だけではなく、その文書の意味を解釈する上でも、非常に有用なのです。

もし、その定義に間違い(文法ミスや使い方の間違い)があったら、どうなるでしょう?
検索エンジンは、正しくWebページの内容を理解できなくなってしまいます。

マシンリーダブルにする成果

以上が、情報構造化管理の最初の一歩、基礎中の基礎です。
これだけでも、Webページの情報の品質を改善する効果があります。

下のグラフは、長野県の住宅施工会社での改善の例です。
トップページのHTML文法エラーが167個あったのを、まずは半分ぐらい修正してもらいました。
それによって、時間の経過と共に、Googleでの検索の表示回数が著しく改善しています。

HTMLの文法エラーの修正で、Googleでの検索表示回数が上昇

その理由は、HTMLの文法エラーを修正することで、より正しく文章が解釈され、下の図にあるように検索の順位が向上したからです。
特に、住宅施工会社としては重要な「新築 <市町村名>」のキーワードについては、最低でも10位、最高で100位向上しています。

HTMLの文法エラーを修正することで、検索順位が10〜100位向上

現在、付き合っているWeb制作会社の「質」が確認できる

このように、現在の自社のWebサイトのHTMLの文法エラーの数や、マシンリーダブルかどうかを確認することで、現在付き合っているWeb制作会社の「質」を確認することができます。
どうしても、人が確認すると「見た目重視」になってしまいますが、Webサイトは、人だけが読むわけではないのです。
機械にも、ちゃんと読めるようなWebページを作成できていない場合は、現在お願いしているWeb制作会社を変更した方が良いでしょう。


[前のページに戻る]