株式会社Spelldata

〒100-0004
東京都千代田区大手町一丁目7番2号
東京サンケイビル27階
Tel: 03-3242-3150
Fax: 050-3488-8836
営業時間: 土日・祝日を除く 9:00〜17:30

新着情報

ビジョン

私達、Spelldataのビジョンは、「社会に堅牢なファウンデーションを培う」ことです。

ファウンデーション

「ファウンデーション」(foundation)とは、英語で、「土台、礎、基盤」「根拠、基礎、根幹」という意味です。
私達が最終的な事業領域の対象として考えているのは、情報基盤であったり、社会インフラであったり、戦略基盤であったりと、社会の「ファウンデーション」のデータ分析です。

まずは、私達が最も得意とし、現在最も利用されている情報基盤である、Webサイトの品質にフォーカスして事業を進めてまいります。

堅牢さ

何故、「ファウンデーション」に堅牢さが必要かというと、品質の悪い「ファウンデーション」は、様々なリソースの投資や人々の努力を蓄積できないからです。

昨今、日本のホワイトカラーの生産性の低さが問題提起されます。
その原因の一つには、日本の様々な「ファウンデーション」が堅牢ではないという点が挙げられます。

崩れやすい土台の上に建てた家は、耐久性に欠けます。
穴の空いたバケツに、どれだけ水を汲み入れても、水が貯まることはありません。
脆い根拠を元に立案された戦略は、失敗へと組織を導くでしょう。

培う

堅牢な「ファウンデーション」を設計して構築すれば、それで済む時代ではなくなっています。
技術の進歩や、状況の変化が高速化していく時代であるため、変化に対応していかなくては、一過性の堅牢さとなってしまします。

それは、世の中の多くの事が、ハードウェア中心からソフトウェア中心へと変わっている事も大きく関わっています。
ハードウェアは「器」でしかなくなり、ビジネスの本質は、そこに入る考え方、つまり「ソフトウェア」中心へと変わりました。

考え方には、「これが絶対であり、最終形」というものはありません。
社会の「ファウンデーション」の堅牢さは、進化し続ける、人々の考え方と、それによって影響を与える変化によって、相対的に変わり続けます。
従って、堅牢さは、人の筋肉と同じように、鍛え続けて培われる必要があるのです。

アプローチ

私達のビジョン達成のアプローチは、とても、オーソドックスです。
機械学習やディープラーニングを使うわけではなく、頻度論をベースとする統計的品質管理を、製造業以外の領域にも適用するというものです。

まずは、Webパフォーマンスの改善に、統計的品質管理の手法を適用し、信頼と投資に値する、「財の蓄積」を可能とするWebサイト基盤を、世の中に増加させる事で、社会に貢献します。

そして、情報理論や情報品質に基づいた、定量的・定性的な情報価値の分析により、情報の価値を最優先に考えたWebサイトを世の中に増加させます。
それは、World Wide Webの生みの親、ティム・バーナーズ・リー卿のビジョンである、「Webが全人類にとって役立つツール」であり続けるために重要な事であり、その一助を担う事で社会に貢献します。

[前のページに戻る]